つなぎ融資メリット・デメリット

つなぎ融資のメリットとデメリットとは?

つなぎ融資イメージ

今回は、つなぎ融資のメリットやデメリットについて考えてみたいと思います。

 

つなぎ融資のメリットは、自由度の高い住宅取得計画を立てることができることです。

 

自己資金が豊富な人ならば、どのような状況でも住宅取得が可能ですが、自己資金が少ない人は、住宅取得に関して発生する様々な支払いに対応できなくなります。

 

特に、土地を取得して注文住宅を建てようとする人は、土地を含めた購入資産の大部分を融資実行前に準備しなければなりません。

 

自己資金が足りないからローンを組もうとしているのに、必要なときに融資をしてくれない、という矛盾した状態になっています。

 

この矛盾は、金融機関が完成していない建物に対して担保価値を認めないというリスク回避を行っていることに起因しています。

 

しかし、つなぎ融資を利用することによって、注文住宅でも、自己資金が少ない人でも住宅取得が可能になります。つなぎ融資は、住宅建築を行う上での資金の流れをスムーズに行うためには、なくてはならないシステムだともいえます。

 

例えば、消費者金融などでは、担保が無い状態で融資が受けられる無担保ローンという商品を提供していますが、これらの金利は最低でも5%程度となっています。

 

住宅ローンのつなぎ融資として提供されている金利は、現状で2.2〜3%程度ですから、消費者金融などに比べるとかなり安い金利だといえます。

 

一方、つなぎ融資の最大のデメリットは、住宅ローンの本ローンと別のローンを組まなければならないということです。

 

ローンですから、ローン契約を締結する際の印紙代が必要になりますし、金融機関に支払う事務手数料や、融資保険に対する手数料などが必要になります。

 

もちろん、短期融資とはいえ、金利に応じた利子を支払う必要もあります。

 

つなぎ融資の金利は、店頭変動金利程度としているところが多いようです。現在の低金利時代では、店頭金利から割り引く優遇措置が取られていることが多いですが、住宅ローンの金利に比べて一般的にやや高めになっています。

 

また、つなぎ融資を受けることによって、融資を受ける金融機関の選定に制限がでる可能性があることもデメリットの一つです。

 

全ての金融機関がつなぎ融資をおこなうわけではありません。その場合、別の金融機関からつなぎ融資を受けざるを得ませんが、つなぎ融資を行っている金融機関の一部では、その金融機関で住宅ローンの本ローンを締結することが条件になっているところもあります。

 

つなぎ融資を受けるために、本来希望する金融機関以外でローンを組まざるを得ないという状況も起こりえます。

 

矢印
申し込み



HOME 口コミで人気は? シミュレーションで計算 メリット・デメリット Q&A 楽天銀行公式